ソウエニグマ|SOW ENIGM@ 写真家 山下 透 INTERVIEW


写真家 山下 透

1996年生まれ 兵庫県出身

何気ない一瞬の日常や何気ない一瞬の違和感などに独特の感性から焦点をあて、日々シャッターを切り続けている若き写真家。

2017年2月に自身初の個展「route」を2日間に渡って開催、翌年2018年3月に共同展「eye」を開催する。

兵庫県を中心に活動する新進気鋭のDJ、SULLEN(CERF VILLE/Cracks Amp)との共同プロジェクトによって制作された「No/fiction&Riverie trip」なども展開し、写真提供、CDジャケット、アーティスト写真などの撮影も行なっている。

-先ずは自己紹介をお願いします。

山下透、兵庫県加古川市在住の現在23歳です。

-主に撮影で使用される機材は?

主に撮影で使用しているカメラは今はcontax のT2です。MINOLTAの303siも長い間使用していたんですけど最近壊れちゃって...

それを機にずっと欲しかったT2を購入したって感じです。

デジタルカメラはpentaxのKS2を使用しています。

イベントの撮影とかとなるとやっぱりdigitalをメインにして撮っていますが、基本的にはfilmが主流かなって感じです。

-デジタルが主流の現代だと思いますが、その中filmを主流にされるのは何か拘りがあるのでしょうか?

簡単ではありますが好みです。

僕自身も入口はデジタルでしたけど、フィルムカメラで撮り始めるとこっちの方がしっくりきたと言いますか。

フィルムにはスリルとリスクがありますが、そこが良い点でもあると考えています。

ただ、現代ではデジタルが主流というのも十二分に理解はしていますし、

どちらか片方だけといった頑固な考え方は良くないと思っています。

実際、自分自身もフィルムだけで撮りたいと考えた時期もありましたけど、その思考は時代に合っていないという結論に至ました。

写真を編集したり、合成したり、複製したりというように変換させていくには、デジタルの方がやはり処理がしやすいという現実もありますし。

なので、どちらか片方と限定し選択肢を狭めるのではなく双方のメリットデメリットを双方で補っていければと考えてます。

-なるほど。撮りたい被写体に対して、双方の長所を生かしていくとゆう感じでしょうか?

そうですね。フィルムにはないデジタルの良さ、逆にデジタルにはないフィルムの良さももちろん存在します。

その媒体を理解し、良さを抽出することで幅広い選択肢が生まれると思っています。

両方使える事に越したことはないって感 じですね。

-ありがとうございます。

-写真を撮り始めたキッカケは?